不動産担保ローンのリスク

不動産担保ローンの大きな利点は、カードローンのような無担保ローンと違い、金利が低い点でしょう。

担保を設定するため、実質年率が低く抑えられます。

金利が抑えられれば、返済額が大幅に少なくなるので、返済が楽になります。

担保として設定するのが不動産ですから、借りられる金額の限度額が高額になります。

担保価値によりますが、都心に不動産を持っている人などは、数百万円単位の融資が受けられるので、企業の資金繰り、子どもの入学金など、まとまったお金が必要なときに便利です。

また、借りられる限度額が大きいことから、いろいろなカードローンなどが複数になっているケースは、それらをまとめてひとつにして低金利で借り換えることができます。

不動産担保ローンといっても、住宅ローン、リバースモーゲージなどもその中に数えられます。

融資枠の設定もあるので、申込んで審査に通るかどうか、融資が可能な金額などは、担保にする不動産などによってまちまちです。

金利が安くなっているので、担保余力があるならば、融資を受けて新たに投資をするのも良いタイミングかもしれません。

不動産担保ローンでは、担保を設定している不動産に関しては、借入金の返済ができなくなれば、差し押さえの対象になります。

金融機関は最終的には不動産を競売にかけることで、返済金を回収します。

担保に設定する不動産が自宅の場合は、自宅を失うリスクがあることは、理解しておきたいところです。