不動産担保ローンでつなぎローン

つなぎローンというのは、すでに銀行などで融資を受けることが決まっているにもかかわらず、その前に支払を行う必要があるケースで、手元に資金が足りないケースなどは、短期間だけつなぎで融資を受けることができるものです。

つなぎローンに利用されるのは、不動産担保ローンも便利です。

オススメ記事–>「つなぎ融資」とは何?どんな場合に必要?

不動産担保ローンはフリーローンと言われるもので、使い道は自由です。

フリーローンにはクレジットカードローンもあります。

使用目的に制限がないので、借りたお金を何に使っても自由です。

しかしクレジットカードのローンなどは無担保ローンですから、その分利息が高くなってしまいます。

教育ローンや住宅ローンといったローンは、融資されたお金は、それぞれの用途にのみ使用が可能なものです。

不動産担保ローンを借り入れする際には、費用がかかります。

借りるのにお金を準備しなければならないという点が見落とされがちです。

借入額によって、数十万円くらいかかることもあるので、借入金だけでなく、そこから手数料や印紙代、担保に設定する不動産の鑑定費用、抵当権などの登記費用、それをお願いする司法書士への支払など、細かく予定していないと、かなりの出費になることも。

要注意です。

融資額を決定したはずなのに、手元に入金される金額が目減りしてしまうこともありますから、あらかじめどの程度のコストがかかるかを確認しておきましょう。

こうしたコストを支払ってもまだ、つなぎローンや乗り換えローンなどでメリットが出るなら、不動産担保ローンも積極的に調べて、利用しない手はありません。